親子で治療してあげる|あなたの犬に合ったものを買おう!犬用キウォフプラスについて

あなたの犬に合ったものを買おう!犬用キウォフプラスについて

親子で治療してあげる

茶色の薬

犬用キウォフプラスによって治療することができる回虫症という病気は、母親から子へと伝わってしまうことがある病気です。回虫は一般的に子犬のうちに体内に入ることでぐんぐん成長し、病気を引き起こすとされています。オトナの犬は回虫に対する免疫力を持っており、たとえ回虫が侵入してきたとしても免疫力によって回虫の働きをブロックすることができます。成犬の体内にいる回虫はじっと動かず、病気を引き起こさずに過ごします。
ただし、何か別の病気で成犬の免疫力が落ちたり、あるいはメス犬が妊娠をしたりすると、免疫力によって押さえつけられていた回虫は再び活発に活動し、妊娠している犬の場合、生まれる前の子犬の体のほうへ移動してしまうことがあります。
こうして、生まれながらにして回虫を体内に宿してしまう子犬が誕生してしまうことになるのです。

家に母犬と子犬がいて、生まれたばかりの子犬がすでに回虫症の症状らしきものを見せている場合は、犬用キウォフプラスを飲ませてあげましょう。
また、その場合はおそらく母犬のほうも同じく元気がなさそうだったり頻繁に下痢をしたりしていることでしょうから、母犬にも犬用キウォフプラスを与えましょう。
ちなみに、通販で買える犬用キウォフプラスは、ひと箱に20錠入っている薬です。
子犬がたくさん生まれ、何匹かが同時に回虫症になってしまっている場合でもひと箱あればみんなを治してあげることができます。